1日断食のダイエット効果を検証!体重は何キロ減る?

Sponsored Link

ダイエットやデトックスに効果があると話題の「1日断食」。

断食ですから痩せるには痩せそうですが、1日何も食べないで過ごすとなるとそれ相応にキツそうですし、チャレンジする前に「どんな効果が期待できるのか?」

「1日でどのくらい体重が減るのか?」気になりますよね。

そこで今回は、当サイトのチャレンジ&レビュー担当の私、「はまち」が1日断食の効果を検証してみたいと思います!

1日断食にはどんな効果があるの?

1日断食における主な効果は以下の3つです。

1.ダイエット効果

1日断食を行うと体内に溜まった老廃物が排出されて身体が活性化するため、エネルギーを消費しやすい状態になります。

「痩せやすい身体」になるので、断食後に適度な運動を取り入れると、よりダイエット効果が期待できます。

2.デトックス効果

体内に蓄積された有害物質は、癌やアレルギーをはじめとした様々な病気や老化の原因になります。

私たちの身体は毎日、「消化・吸収・排泄」という生命を維持するための活動を行っていますが、1日3食を食べていると排出が追いつかないと言われています。

断食を行うと、消化・吸収の必要がなくなるため排出が集中して行なわれ、体内に溜まった有害物質や毒素が排出されやすくなります。

3.身体のメンテナンス効果

現代の食生活では栄養過多になりやすいため、内臓機能が衰えている方がほとんどだと言われています。

断食を行うと、消化・吸収をする必要がないので内臓を休めることができます。

また、免疫力をアップさせたり新陳代謝を行うために大切な、「消化酵素」を無駄に消費しないため身体全体のメンテナンスにもつながります。

1日断食で体重は何キロ減るの?

一般的には、1日の断食で1.5%~2%体重が減ると言われています。

今回、私が試した1日断食のメニューは以下のとおりです。

danjiki

1日断食前日

・昼食は控えめ(腹八分目)にする。
・夕食はいつもの半分の量を寝る3時間前までに食べる。
・お酒は控えて水を多めに飲む。

1日断食当日

・水以外は摂らない。
・1.5~2リットルの水を飲む。
・激しい運動は避ける。

1日断食翌日(副食)

・朝食は水分が多めのおかゆを食べる。
・昼食と夕食はいつもの半分の量にする。
・肉、魚、油、砂糖は控える。

1日断食翌々日(副食)

・朝食は控えめ(腹八分目)にする。
・肉、魚、油、砂糖は控える。

体重の減少率には個人差がありますが、平均的には1キロ前後の減少が見込めるそうです。

ですが、私の場合は-0.2kgとほとんど変化は見られませんでした。

変化がなかったのは、日頃からよく半日断食を行っているせいかもしれませんが…。

もともと、大幅な体重減少は期待していなかったものの、「排出が促進されれば1キロくらいは減るだろう」という期待もあったため、かなりガッカリです。

1日断食を終えた結果

1日何も食べないとなると、空腹に耐えられるかが心配でしたが思っていたより空腹感はありませんでした。

いつもよりお水をたっぷり飲むせいだと思います。

また、断食することによって排出が進んだせいか、翌朝はいつもよりスッキリと目覚めました。

ただ、前日・翌日と食事制限があるため、定期的に行いたくても取り組みにくいことが難点だと思います。

取り組みやすさは生活習慣によっても変わってきますし、向き不向きは人それぞれだと思いますが、私の場合は気軽にできる「半日断食」のほうが向いているようです。

半日断食についてはこちらの記事もご参照ください。

⇒ 「食べ過ぎをリセット!プチ断食より簡単な“半日断食ダイエット”のやり方

まとめ

1日3食に加え、間食まで食べていると消化が追いつかなくなり、体脂肪として溜め込みやすい身体になってしまいます。

それを防ぐために、今回試した1日断食や半日断食はとても有効です。

でも、すぐに大幅に体重が減るわけではありませんし、私のようにほとんど変わらない方もおられると思います。

それを考えると、ダイエット目的で取り組むよりも、食べ過ぎが続いてしまったときや体調が悪いときの「身体のリセット」として行うほうが良さそうです。