寝る子は痩せる!?簡単“睡眠ダイエット”で痩せ体質になるコツ

Sponsored Link

自律神経やホルモンバランスに大きな影響を及ぼす“睡眠”。

人生の三分の一は睡眠時間ですから、質の良い眠りが大切なのは言うまでもありませんが、睡眠不足だとダイエットしても痩せにくい体質になるのをご存知ですか?

今回は、誰でも今日から実践できる“睡眠ダイエット”をご紹介しますので、ダイエットを意識されている方は是非ご覧になってみてください。

睡眠ダイエットとは?

睡眠不足が続いていると、やたらとお腹が空く、太りやすいと感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

“睡眠ダイエット”とは、その名の通り、寝るだけでダイエットになるとても簡単で楽なダイエット法です。

睡眠時間はダイエットとも深い関わりがあり、睡眠時間が短くなるほど太りやすい体質になるということは、様々な機関による研究結果からも明らかになっています。

アメリカの名門コロンビア大学が約1万8000人対象に調べた研究では、平均睡眠時間が7時間のグループを基準にして、6時間だと23%、5時間だと50%、そして4時間以下だと73%も肥満になる確率が高くなる、という結果が出ました。

引用:日経WOMAN

睡眠不足だとナゼ太りやすいの?

夜遅くまで起きていると活動時間が長くなり、単純に食べる機会が増えるというのもありますが、睡眠時間が少なく眠りの質が悪いと、代謝を促進するために重要な成長ホルモンも分泌されにくくなるため太りやすくなります。

食欲をコントロールしているホルモンには、食欲を増進させる“グレリン”と食欲を抑える“レプチン”がありますが、睡眠不足だと食欲を増進させる“グレリン”が多く分泌されるためお腹が空きます。

つまり、私たちの意思とは関係なく、エネルギーを貯めこもうと食欲が増加して代謝が悪くなってしまうのです。

でも反対に、充分な睡眠が取れていれば“レプチン”が多く分泌され、痩せやすい体質になっていきます。

寝て痩せ体質になるコツ

sasie11

寝て痩せ体質になるためには、食欲を抑えて脂肪の蓄積を防いでくれる“レプチン”がしっかり分泌されている必要がありますが、レプチンは睡眠不足で自律神経が乱れると分泌されにくくなります。

適切な睡眠時間は人によって様々ですが、ダイエット効果を考えると7~8時間が理想とされていて、9時間を超える睡眠は逆に太りやすくなるという説もあります。

と言っても、毎日7~8時間眠っていても熟睡できていなければダイエット効果を得ることはできませんから、ぐっすり眠れるよう夕食は出来るだけ寝る3時間前までには済ませるようにしましょう。

就寝時には消化機能が低下するので、寝る前に食事を摂ると消化不良になりやすく、眠りを妨げてしまいます。

早い時間に食べるのが無理な時は、出来るだけ消化しやすいものを選び、眠りの質を低下させないよう気をつけてくださいね。

眠りの質を低下させる習慣については、下記の記事でもご紹介していますのでご参照ください。

「知らないと怖い!不眠や疲れの原因になる“寝る前”にやってはいけない8つの事」

いかがでしたか?

睡眠ダイエットは短期間で大幅に減量したい方には不向きですが、2週間程で約3㎏の減量効果が期待できます。

また、質の良い眠りはお肌はもちろん健康にも良い影響を与えてくれるので、アンチエイジング効果も抜群です。

食事制限や運動と違って、たっぷり眠るだけとやり方も簡単なので、是非あなたも気軽にはじめてみてくださいね!

オススメの関連記事

「デトックス効果抜群のお茶でダイエットに成功&美肌をGET!」

「本当に効くダイエットサプリはどれ?失敗しない選び方の秘訣」

「自分に合ったダイエット方法診断!遺伝子によって違うってホント?」